サポート

エスクロー

住宅エスクローシステム(信託型)ご案内

日本モーゲージサービス株式会社(MSJ)は、住宅形成を安全に、確実に、機能的に遂行できるシステムとして、住宅エスクローシステム(信託型)を提供させていただきます。本エスクローシステムは、施主様には、安心と信頼とともにリーズナブルな住宅コストを提供。建築請負会社様には、材料仕入れ資金等の準備・請負代金回収管理が不要に。  材料納材会社様には、発注元の建築請負会社様の都合に関わらず材料代金等が入金されるので、3者それぞれにメリットの多い次世代のしくみです。

※一部地域ではご対応できない場合がございます。詳しくはお近くのBinO加盟店にお問い合わせください。

よくある質問

住宅代金どこに支払うの?

住宅代金の受け払いは、日本モーゲージサービス(以下MSJ)の指定する信託口座を活用しています。

なぜ信託口座なの?

住宅代金は金銭信託され、信託口座で資金を管理することで、当事者(請負会社・MSJ・完成保証機関も含め)に不測の事態が起きた場合でも、信託財産として信託法で保護されます。

支払われた代金はどうなるの?

住宅会社等に出来形支払いが行われるまで信託口座で管理されます。MSJは、住宅工事出来形進捗状況を株式会社ハウスジーメンの検査証憑にて確認し、出来形に応じた支払いを信託銀行に指図し、信託口座から住宅会社等に出来形支払いが行われます。

出来形支払は、
どのように行われているの?

本住宅エスクローシステムにより、ハウスジーメンが物件書類(設計図書・工事代金明細書・工事工程表)に基づき、基礎配筋時・上棟完了時・竣工時等の出来形検査を実施し、ハウスジーメン検査終了確認後にMSJによる出来形支払いが可能となります。

住宅会社が工事が
継続出来なくなったとき、
どんな保証があるの?

住宅会社が法的破綻手続き等を開始するなど、住宅建築工事を予定どおり継続できない場合には、ハウスジーメンの完成保証により、残工事部分につきバックアップビルダー(代替請負会社)が残工事を請負い、住宅を完成します。

MSJに倒産等不測の事態が
起こった場合にも、保護されるの?

エスクロー期間中にMSJが倒産した場合でも、信託口座で信託している住宅代金は、MSJの資産ではなく、信託財産として保護されます。

本住宅エスクローシステムを
活用する場合の施主のメリットは?

ハウスジーメンの客観的検査に基づく出来形払いなので過払いのリスクがありません。住宅資金が円滑に決済されますので、リーズナブルなコストで住宅が完成されます。

本住宅エスクローシステムを
活用する場合の住宅会社のメリットは?

住宅建築の進捗に応じて入金されますので、資金繰りも安心です。また、建築材料仕入れ費用は、信託口座から直接材料会社等に支払われますので、建築中の物件の経理処理も簡便です。

住宅瑕疵担保責任保険とは、
どのように関連するの?

住宅エスクローシステムは、住宅瑕疵担保履行法に基づく住宅瑕疵担保責任保険ではありません。ただし、請負会社が住宅瑕疵担保責任保険に加入している場合には、瑕疵検査が出来形検査を兼ねることができます。