BinOは第三者監査を
推奨しています

オーナー様が安心して暮らせる家を提供したい。
私たちはそんな思いのもと、信頼できる第三者監査会社に施工中の品質監査を依頼しています。
法律による義務検査や保険の適合検査、そして現場での自主検査に加え、第三者の厳しい目でチェックすることで住宅の品質を確保しているのです。

どうして第三者監査が必要なの?

BinOの家が建つまでの工程は非常に多岐にわたり、同時に多くの職人さんが関わっています。建てる職人さんのレベルによって建物の品質が違う!なんてことがあってはいけないので、第三者監査で正しい施工が出来ているかを確認します。

どんな仕組みなの?

第三者監査では、まず施工の手順や許容範囲を明確に基準化した「BinO専用標準施工手引書」を作成し、現場でその基準通りに施工されているかどうかを第三者の目で監査します。万一不備があっても、その場でしっかりと是正し適合させていくことで、どの現場も安定した品質の高い住宅を供給できる仕組みになっているのです。

後戻りできない10回の重要な
監査タイミング

10回の主要工程で監査を行い、基準に適合していないところを是正してから次の工程へと進めていきます。

STEP

1

基礎底盤
コンクリート
打設前監査
STEP

2

基礎立上り
型枠施工後
コンクリート
打設前監査
STEP

3

土台据付施工後
床下地材
施工前監査
STEP

4

上棟直後屋根
ルーフィング施工
完了後監査
STEP

5

構造躯体
施工完了後
外壁防水シート
施工直前監査
STEP

6

防水シート施工
完了後監査
STEP

7

壁、天井断熱材
施工完了後ボード
施工前監査
STEP

8

内部造作、
プラスターボード
施工完了後監査
STEP

9

外装施工完了後
仮設足場撤去
直前監査
STEP

10

建物完成時監査

第三者監査は、STEP1、3、4、5、6、7の6工程が必須です。

STEP2、8、9、10の4工程は、現場監査チェックシートに準じて、取扱店により実施する場合があります。

どんなメリットがあるの?

1.正しい施工で品質が確保される

「標準施工手引書」や主要工程での監査によって、施工の品質がしっかり確保されるため、安心につながります。

2.「現場監査記録書」で建物の価値を高められる

BinOでは、現場監査を行った内容や結果を一冊の本にまとめ、建物完成後に「現場監査記録書」としてお施主様にお渡ししています。長期的に建物の価値を向上させる記録になるだけでなく、将来のリフォームや増改築、そして売却時にも非常に有効な資料になります。

第三者監査対応取扱店

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

近畿・中国・四国・九州エリア