CAMP

こだわりの照明に、ウッドデッキを拡張したCAMP

プラン

CAMP

施工

BinO 熊本南

完成年:2017年 家族構成:4人
#ゲーム #コレクション

プラン

CAMP

施工

BinO 熊本南

完成年:2017年 家族構成:4人
#ゲーム #コレクション
きっかけ

のびのび暮らしたい

以前はアパートに住んでいたのですが、賃貸は家賃がもったいないと思ったのが家づくりのきっかけでした。アパートに住んでいた時は、お隣や下の階の方に気を遣って生活していたので、子供には音を気にしないで、のびのび生活出来る環境が良いと思い、賃貸やマンションではなく一戸建てを考え始めました。

最初にネットなどで検索して、まず展示場やモデルハウスを見に行きました。色々見たり調べてみて、やっぱり木の家が良い!という思いが強くなりました。住宅展示場を見に行った時、同じような間取りばかりが多くて、設備も、キラキラ・ピカピカしていてどれも同じような家にみえました。それよりも、木の家の方が気持ち良いし、落ち着くなと思いました。

ある時、スキップフロアというのを見つけて、BinOというブランドにたどり着きました。今までスキップフロアという構造は知らなかったのですが、珍しいし、面白い家だなと思いました。せっかく建てるなら、面白いとか他の人と違う家が良かったのでとても興味をもちました。モデルハウスが近くにあることが分かったので、家族で見に行くことにしました。そして、BinO 熊本南のモデルハウスで、担当の野田さんに出会うことが出来ました。

購入の決め手

可能性が広がる家

実際行ってみて、スキップフロアという構造がとても面白く、すごく衝撃的でした! 

モデルハウスのインサイドストッカーがシアタールームになっていました。他にも、ロープを吊るして、子供用にブランコを作ってあげられる等、この家だったら、色々なことが出来そうだと思いワクワクしました。 

BinOのLOAFERか、WAVEにしようか悩んだこともありましたが、その頃ちょうど発売された、BinOのCAMPを知り、とても惹かれました。CAMPはリビングが1階にあり、リビングから外と繋がるウッドデッキで子供が遊ぶ姿が見られて良いなと思いました。実際にモデルハウスを見させて頂き、今まで見てきたどのモデルハウスよりも、色々な可能性が広がる感じがして、CAMPを建てることに心が決まりました。

こだわり

照明とインテリア

インテリアなど考えたりするのは元々好きだったのですが、今までアパートで出来なかった分、新しいことをやってみようと思っていました。セカンドリビングの照明は、ネットで見てやってみたいというイメージしたものがあり購入しましたが、計算間違いでコードが長いのを買ってしまいました。コードを巻いたりもしましたが、最終的に木の棒に巻きつけてみて、良い感じに仕上がり、満足しています。

ちょっとくすんだ青緑みたいな色が好きです。クロスは部屋によって貼り分けをしたり、テイストが違う素材もどのように組み合わせるのか、コーディネーターさんと相談しながら、内装の仕様を決めていきました。 

梁の上につけた照明は、やわらかい光で過ごすことが出来、子供たちの眼にも優しくて、とても気に入っています。

キッチンのオイルガードは、コーディネーターさんが図面を作ってくださり、建具屋さんに製作してもらいました。空間の雰囲気に合わせたものに仕上がってとても気に入っています。

山の絵を玄関に飾ると、風水的に「繁栄するので良い」ということを聞いたことがあったので、玄関に入った場所に飾りたいと思っていました。 
 
帰ってきた時に灯りがついているのが見えた方がいいなと思い、リビングに繋がる扉にガラスを入れてもらいました。

お気に入り

オープンクローゼット

以前、断捨離をしたら着ていない服がたくさんありました。今まで隠してきたので、見えるように収納していたら余計なものを買わなくなったり、出した方が意識して気をつけると思い、洋服屋さんみたいにディスプレイしようと決めました。服を分かりやすく置いた方がいいと思い、オープンクローゼットにしました。

これだけオープンにしてしまったので、着替える場所がないと思い、試着室も作りました。将来的には、試着室として使わなくても収納や、棚を設置して書斎として使いたいと思っています。

住み始めて

リビング学習

ダイニングから見上げる空間や、リビング・ウッドデッキがお気に入りの場所です。ウッドデッキは拡張して頂いたので、大空間で気持ち良いですし、リビングとも繋がり、回廊することが出来るので、子供は楽しそうに走り回っています。 

今は私が子供用の書物を製作したりしていますが、子供が大きくなったらリビング学習の場所として使いたいと思っています。   

趣味を楽しむ

アジト

ロフトがとても気に入っています。まだ途中ですが、趣味部屋みたいな感じで、アジトと呼んでいます。家を建てる時に、自分の空間が出来ればいいなくらいに思っていましたが、漫画や、フィギュア・ゲームなど好きなものを詰め込んだ自分の空間があるのはとても嬉しいです。今までフィギュアは、子供にグチャグチャにされないように箱に入れたまま保管していましたが、ようやく日の目を見たという感じです。

休日の過ごし方

おうちカフェ

カフェに近づけるように音楽を流しています。スキップフロアなので、音が上までいき、空間の広さを感じられますし、音響が結構跳ね返って心地よい感じに流れます。家がカフェなら外に行かなくていいですし、以前と比べて外食が減りました。やっぱり自分の家はいいですね♪

無垢材は傷がつきやすいですが、それも良い思い出だと思っています。落ちているのに気がつかずに踏んじゃった青いクレヨンが、もう落ちませんが、むしろ可愛いと思っています。 

私は冷え性で、以前は電気毛布をつけて寝ていましたが、この家で過ごした冬は、木の家(=無垢材)だからか、電気毛布を使うことなく快適に過ごせました。 

まとめ

これから

家の中にブランコをロープで作ったり、ウッドデッキにハンモックをつけたり、リビングにおうちキャンプみたいにタープを梁の上にはったり、リビングドアの色を変えたり、これからもやりたいことが山ほどあります。

妻の描いた絵や、子供の絵を壁に飾りたいと思っています。アパートでは自分の家ではないので壁に穴とか開けられないですし、やりたいと思ったことを我慢していたので、これからがとても楽しみです。

以前は、子供が家の中で落書きする事が多かったのですが、ここに引っ越してからなくなりました。環境が変わったからか、片付けも自分でするようになったり、クイックルワイパーで掃除のお手伝いをしてくれる時もあります。絵本も読んだものは散らかさず、きちんと元の棚にしまうようになりました。  

子供は家中走り回り、遊びに来たおばあちゃんと一緒にシャボン玉して遊んだり、親も子供も家族みんなが、とても“のびのび”この家で過ごしています。 

CAMPページを見る