ALLen

カフェをイメージ、無垢材の変化を楽しむALLen

プラン

ALLen

施工

BinO 津

完成年:2012年 家族構成:3人
#バイク

プラン

ALLen

施工

BinO 津

完成年:2012年 家族構成:3人
#バイク
BinOとの出会い

きっかけはPoCafé

きっかけは主人の働いているところのお客さんがPocafeさん(BinO津の経営カフェ)だったことです。その頃子供がまだ小さくて、なかなか子供連れで外にご飯を食べに行けるお店がなくて困っていたんです。そんな時に、主人から「遊ぶところもあって、子供一緒でも来店よさそうやったよ」「それに、(奥さんが)好きそうな雰囲気のカフェだよ。」って教えてくれて、行ってみることにしました。行ったら向かいにモデルハウスあるから良かったら見て行って~って言われたのがきかっけでモデルハウスを見学し、BinOを知ることになりました。

モデルハウスを見たけれど、元々家を建てるつもりは全くなかったんです。私たちの周りでは家を建てた夫婦がぎっちぎちに働いて、ローン返すだけの生活であまり余裕がないようにみえたんです。家があっても生活に余裕がないんやったら、マイホームはいらんって思ってたんですけど、色々な話を聞いてアパートに住む家賃を払うくらいの金額で家が持てるんやったらって…マイホームに対する意識がかわっていきました。 

購入の決め手

こんな家なら建てても良いかも♪ 

担当の山本さんにも違うモデルハウスもたくさんみてから家は決めた方が良いと言われたこともあり、勉強がてら他をいくつか見に行きました。最終的にはどれがどれか思い出せない位、どこを見に行っても同じように見えてきてしまって…。結局またBinO津に行こーってなったんです。
すごくたくさんのモデルハウスを見たわけではないけれど、BinOを見るまでは、家は入ったらどの家でもそんなに代わり映えしやんかなって思ってたんだけど、スキップフロア構造の…こんな家だったら建てても良いかなて思ったんです。元々家はいらないって思ってたけど、もし自分たちが建てるならこんなんだねっていう条件は“大きすぎず小さすぎず、決め事が少ない”という家でした。決め事が少ないというのは、私たち夫婦は優柔不断なので。例えば、コンセントの位置や、窓の位置とか細かいことを決めるというのは…まどろっこしいと思っていたので、注文住宅で上手くいかなかった時は、それが全部後悔に繋がるなって思ったんです。規格住宅なら最初から分かってるし、自分たちの選んだ家、気に入ったからこれでいいんやって思えるのが良かったし、2人共バイクをを乗るので、アウトドアストッカーがあることも嬉しかったですね。それが全部詰まってたのがBinOだったんです。バイクは今までアパートの近くにシートを被せて置いていましたが、大切なものなので雨風にさらされることなく、安全で大切に保管出来ることに安心しています。

もう一つ決め手になったのは、モデルハウスで子供がめっちゃ寝たことです。お出かけ先で寝るなんてなかったのに、木の匂いが良かったのか、ぐっすり寝てしまいました。モデルハウスに持っていった鞄とかハンドタオルとか木の匂いがまだほんのりしていて、帰ってきてからも子供がクンクンってしてました。

その他

将来を見据えた間取り

家を建てるときって「間取りは子供部屋は2部屋作って、寝室、お客さんの部屋に和室」ってたくさんつくると思うんですけど、子供がみんな巣立っていったらその空間の手入れも大変やし、夫婦2人で過ごすには寂しいんじゃないかと思うんです。この家やったら広すぎず小さすぎず、かつ家族が住むにも狭すぎず、将来子供が出ていった後でも夫婦だけで寂しくならず住めるなって思っています。

購入の決め手

安心感☆

最初に規格住宅と聞いて制限が多いんじゃないかと思ったから、ふみきるまでに旦那よりかは時間がかかりました。でも、BinO津の社長の話を聞いたりして、そうでもないのかと思えて今では規格住宅で良かったと思っています。私たちはモデルハウスと全く同じプランにしてもらったので本当に後悔がないんです。規格住宅=見たもの(モデルハウス)と同じものが建つ安心感はとても大きいですね。人生の中で一番高い買い物をして完成後に後悔したくないですもんね。建築中も、今も実際に物を見ながら相談できるのが嬉しいですね。ここはこう出来ますかとか、注文住宅やったら、それができひんから自分の想像と営業さんの想像したイメージが違って、実際出来てから違うっていうのが怖かったんです。他にも色々選ばないかんとか、一からやろうと思うとめちゃくちゃ大変やと思います。

他のモデルハウスは、家具とかもすごく良いのが置いてあって、ホテルみたいで実際住む家じゃないっていうか生活感がないって思いました。その反対で、規格住宅はイメージがわきやすいですね。家を建てる人のほとんどが建築業に関わってない人だと思うので、設計図やカタログだけでは実際みてみるのとでは全然違うから…。実際に建つ家が先に確認出来るのは、規格住宅の良いところですね。BinO三重 津のモデルハウスは生活感が他よりあると思います。ちょっとオシャレで、ああいう感じの生活を理想としています。家具や小物も手の届きそうなものがおいてあるので、自分たちでも楽しく家が建てられるんじゃないかと思って話が進みやすかったんだと思います。BinOは規格住宅といっても融通がきくし、建てるときには色々聞いてやったらある程度自分たちが思うようにできるんじゃないかなと思います。 

こだわり

大きな額

以前から子供が絵を描いたりしたのを家のどこかに飾ったりしたいなと思っていました。幼稚園行ったりすると行事があったりしますしね。お友達の家で冷蔵庫にペタペタ貼ってるのを見て、それやったらこうしたいなっと思ってカラー鉄板を壁につけてもらいました。木枠で囲ってもらったので、これからこの上にモザイクタイルを貼りたいと思っています。

お気に入り

Kちゃんのお気に入り

理由は分からないんですが、階段のところがお気に入りみたいでよくここに座ってるんです。子供もこの家をものすごい気に入っていて、あっちこっち家の中を駆け回って、アパートの時より生き生きしているなって思います。

住み始めて

無垢材

無垢材を使用していることには全然抵抗はありませんでした。でもやっぱり無垢材は傷つきやすいので、分かっていたけど気になって気になって。最初はいろんなものを床に敷いて、この範囲じゃないとオモチャで遊んじゃ駄目!!みたいな感じだったんですけど、旦那にこういう傷も、のちのち家族の思い出になるよって言われて…。そうやって思うべきかなって、そんな風に思うようにしたら、たまにソファの上からオモチャを落としたりするんですけど、前ほど気にならなくなりました。
最初は傷が出来る度にどうしよ~と思って、まだ私も諦めがつかなくて、凹んだら水でもどすやつをやっていたんですが、よっぽどえぐれた傷以外は気にしないことにしました。床もいい感じの飴色になって、あまり目立たなくなりました。一日でぱっとかわるものではないので変化がこれからも楽しみです。

友人

BinO友☆

建て終わってから行ったBinO津のイベントで、同じALLenを建てたT家族とBinO友になりました。家を建てることで新しくお友達ができるなんてすごいですよね!!普通ないですよね?T家族が最近遊びにきてくれたんですけど、お互い自分たちが納得する家を建てているので、これいいね♪こんなんもあっていいね♪ていう感覚でお互いの家を見れるのっていいなって楽しいばっかりです。 
普通のお家やったら、収納とか後々こうしたいとか、ああしたいとかが限られているような気がするんですけど、Tさんの家は、こんなんなってた・こんなんめっちゃ素敵やった。だから、ここはこんなにしたいね!!とかこんなふうにしたら収納使いやすいやんって感じでアイデアとかもらったり、教えたりしています。同じALLenだから、ここ困ってたんよ~!!とか、ここ見て~☆ていうのが言い合えるからすごく楽しいんです。Tさんが遊びに来た時にシーリングファンもゆるくまわしてたら、うち最強やで!!って教えてくれて、実践したらめっちゃ涼しくなったんです。こんなことを気付けるのも同じ家に住んでいるからこそですよね♪ 

インテリア おうち時間の過ごし方

気持ちと空間の余裕

子供が機嫌良いときは、家の中で音楽をかけてます♪以前は家のことで何かしようということへの気持ちに余裕がなかったですし、アパートでは音が気になることと、子供が触ると危ないのでコンポ自体置いてなかったんですが、モデルハウスに置いてあるのを見て、いいなって思って引っ越してコンポ置くことを決めました。子供からも手の届かないとこで、ぱっと操作出来るところがいいなと思って、棚をキッチン側につけるということも決めてお願いしました。音楽をかけているとカフェにいるみたいな気分になれるんです♪ 

ネットでスタバの空カップの検索してたら、ストローさしてこうやってる人がいて 真似してしまいました。オーナーズボイスみてるとこれ素敵っていうのが多いんです。自分が考えてたのと全然違うことされてる人をみると、こんなんも合うんや~ってやりたくなるんです。この人こんなことしたらおしゃれて思ったことを真似してみようとか、こうやって模様替えしたらスッキリするなとか。他にも棚の色を塗り替えたり、これからも色々参考に変化させていきたいと思います。 

まとめ

お掃除が楽しい^^

アパートに住んでいる時は旦那と家の話をすることは全然なかったんですけど、BinOに引っ越してから色々話が増えましたし、いろんなことを手伝ってくれるようになりました。ご飯も作ってくれたし、最近はデッキでご飯を食べる提案までしてくれて、楽しいな♪って思うことが増えました。それに以前は帰ってきて、だらだらしとるっていう感じだったのに、今は子供を追いかけて遊んでくれたりしています。

私はパソコン大好きで、以前はずーっと見てた人やったんですけど(笑)、今はよっぽどの事がないと開かなくなり、見る頻度は週一くらいまで減りました。というか、そっちに気がいかなくなりました。アパートやったら、まぁええか…と思う手抜きの掃除でも。自分が手入れちゃんとしていけば何年後かにそれがいきてくるなと思ったら、「KちゃんはTV見て待っとんな、お母さんは、ちょっと下水拭きしてくるな。」なんて言って掃除することが増えましたし、掃除自体、苦じゃなくなってきました。そんな感じで家のことしてるのが楽しいと思ったのでパソコンの時間が減ったと思います。そんな姿をみてくれてたからか、子供も掃除に興味を持ってくれたみたいで小さいな掃除道具で遊んでいます。

ALLenページを見る