ALLen

和室や一面木の空間で自然をより感じるALLen

プラン

ALLen

施工

BinO 前橋

完成年:2016年 家族構成:4人
#バイク #映画

プラン

ALLen

施工

BinO 前橋

完成年:2016年 家族構成:4人
#バイク #映画
きっかけ

実家をつくる

以前住んでいた家が借家で庭がなく、親族や友人達を呼べる広い土地と大きな家が欲しいと思っていました。また、子どもが産まれるということもあり、早めに欲しいという思いが家づくりのきっかけです。また、実家も賃貸でしたので、実家があるようでないような感じで、子供たちに実家という場所をつくりたくて、一戸建てを建てることを決めました。

ただ家が欲しいだけという想いで色々なハウスメーカーの展示場を見に行きましたが、家の情報も知らないし、私たち自身もどういう家が欲しいのか分からないまま悩んでいました。そんな時、父(祖父)から「木の家が良いならスキップフロアが面白いから一度見てみたら」と紹介され、近くの工務店で取り扱っている事を知り、見に行ったのが、BinOを知ったきっかけです。

購入の決め手

私たちにピッタリ!

初めて入った時、スキップフロアの空間が衝撃的で(展示場:ALLen)子供の頃の気持ちを掻き立たせるようなワクワク感がありました。また、初めて入るのにとても落ち着く空間に感じました。その後、他社の展示場を見に行きましたが、どこも同じに見え、魅力を感じなくて、逆に何度もBinOの展示場を見に行きました。

当初は家の事を何も知らない20代でしたが、規格住宅なので、モデルハウスが実寸大で、空間のイメージがしやすく、私たちの難題な希望条件に答えようとする担当の方々の姿勢を見て、この家とメーカーさんなら失敗しない家づくりが出来ると思い、BinOのALLenを建てることを決めました。 

元々、木の家でウッドデッキとガレージのある家が欲しかったので、私たちにぴったりでした。他にも似た様な木の家も見に行きましたが、BinOは木の家が標準だからこそのコスパで、最新の電化システムにも対応してくれる点や耐久性に無理のない範囲で間取りのアレンジができ、正にイイトコ取りだと感じました。自然が好きなのでログハウスみたいなのが良かったのですが、手入れが大変そうだと思って悩みました。実際にモデルハウス(ALLen)を見学して、BinOはログハウスっぽい雰囲気もあり、現代の良いところも取り入れてて、私たちにちょうど合っているなと思いました。

自由設計だと一から自分たちで考えるのは難しそうだし、規格住宅は完成後の家が想像しやすくて良かったです。モデルハウスが実際のサイズなので、家具などのサイズも事前に展示場で測らせてもらいました。

住み始めて

ゆっくりできる家

夏涼しく、冬暖かく、とても快適に過ごせています。寒くなってきた今は、エアコンを下の階だけ弱くいれるだけで暖かくなりますし、夏は、シーリングファンがあれば冷房もばっちり効きます。今は子供が小さいので、火を使うのが危険だと思いエアコンを使っていますが、将来的に薪ストーブを置きたいと思っています。春夏秋冬変わらず快適に過ごせるようになったので、家でゆっくり過ごす時間が増えました。

親族も、よく集まるようになり皆で料理屋お菓子づくりをして、楽しく食卓を囲んでいます。

住み始めて3年になりますが、とっても住みやすいです。リビングが中心(=1.5階)で、上階にも下階にも移動しやすいですし、スキップフロアなので気配を感じやすく、家族がどこに居るか分かりやすいです。 

その他

スキップフロア

リビングへは玄関から階段を上がるし、インサイドストッカーには階段を降りるので、遊びに来てくれた方たちは、スキップフロア構造に、どういうこと??と楽しそうに驚いてくれます。スキップフロアの家は、ワクワクさせられる家なんだなって思います。自分で設計したの?って聞かれるけど、規格住宅なんですと言うと驚かれます。

子供がいるお友達が遊びに来ると、おもちゃの空間と別に出来るからいいね!とセカンドリビングをよく褒められます。リビングやダイニングに座っていても、セカンドリビングで遊んでいる子供と目線が一緒になるのも良いポイントです。 

建てたあとに、“ほんまでっか”というTV番組で、スキップフロアの家は歳を重ねても生活していく上では階段の昇り降りをしなくてはいけないので、足腰が弱りづらいというのが紹介されていました。適度な負荷のある方が健康を維持しやすいと思っています。また、子供たちも毎日の生活の中で自然に慣れているので、階段の昇り降りが早く上手になりました!

お気に入り

お気に入りの場所

ガレージが気に入っています。以前は、駐車場をバイクの分も借りて、カバー掛けているだけでした。モデルハウスでアウトドアストッカーを見た時は、ガレージに収納出来るって思いました。こういう空間が欲しかったのでとても嬉しかったです。 

広々リビングから見渡す吹き抜けの板張り天井と、全面に木を使ったパントリーから繋がる事務スペースが気に入っています。

部屋ではないので、みんなと同じ空間で子供の気配も感じられますし、ネット検索や事務作業なども好きで、キッチン横にパソコンスペースが欲しいと思っていました。居心地よく使いやすいスペースですし、造作洗面と和室も可愛く仕上がり、気に入っています。

また、休日はインサイドストッカーのホームシアターで映画鑑賞をしています。とてもお気に入りの場所です。

趣味を楽しむ

自然が合う家

ドライフラワー作りにはまっています。以前の家だと飾っても雰囲気がそんなに合わなかったので、引っ越したらやりたいなって思って自分で調べて始めました。庭にもドライフラワーになる植物を植えています。

DIYするようになって工具なども買い揃え、薪小屋やウッドデッキ・カーポート・ロフトのはしご・PC机・プロジェクター台を作りました。薪ストーブはまだないのですが、キャンプの焚き火用としてストックしています。

自然が好きなので、一面木の空間を作ったり、壁紙も木の柄等自然の柄を多く選び、王道の三角屋根と明るく暖かみのある、飽きのこない外装にしました。

BBQ キャンプ

お家キャンプ

ウッドデッキでは、休日に焼肉したりBBQしたり、ご飯を食べたりしています。 景色もすごく良くて、家にいるのにキャンプ場に来たみたいな気持ちになります。 

お隣の方とも仲が良く、隣の家の庭との間に壁は作らなかったので、より開放的に過ごすことが出来ています。お庭は広いので、4家族くらいならキャンプが出来ます。子供が小さいですが、遠くに行かなくても自分の家で楽しむことが出来ます^^。

まとめ

これから

BinOは梁があるので、色々なものを吊るせていいです!ハンモックを吊るしたいです。 

建てたら終わりではなく、手入れやDIYをすることで、育てていく家にどんどん愛着が湧いています。

子供たちが大きくなってからの話になると思いますが、インサイドストッカーとガレージの間の壁にガレージを見渡せる窓をつけたり、ガレージに薪ストーブを置く空間をつくって、1階は趣味部屋だけにしたいと考えています。そうして、いつまでも家族や友人の集まる楽しくあたたかく家になるような空間づくりをしていきたいです。

ALLenページを見る